圧力センサの種類 | 圧力センサの働きとは!

圧力センサの種類

一口に圧力センサといっても、その種類は様々です。

圧力センサは材料を基準とした場合、Ni,Cu合金、半導体Si、セラミック、その他の4つに分類されます。その中でも作成される方式によって抵抗線式、静電容量式、機械式といった分類に分けられ、さらに出力要素、変位させるベース材、パッケージの種類など使用する用途によって非常に細かく分類分けされます。

そもそも圧力センサとは、気体や液体などによって発生する圧力を電気信号に変換して出力する機器の総称なので、それさえ満たしていれば材質や形状に制限はなく、日々新しい内容の圧力センサの開発が進められています。

決まった形式がないため多くの会社が独自の圧力センサを作成しており、使用する側は自分たちが何を求めており、何のために圧力センサの使用が求められているのかを明確にすることが重要となります。種類が多い分間違った用途の圧力センサを購入してしまう可能性もゼロではないのですから。