圧力センサはどんなところにつかわれるか | 圧力センサの働きとは!

圧力センサはどんなところにつかわれるか

圧力センサーが使われているものとして、私たちの身近なところだと、洗濯機やお風呂などの水位を図る必要があるときに使用されたり、病院などで使用する血圧計などに使用されています。その他にわかりやすい例を出すと、何かしらのボタンを押したり踏んだりするその力によって、異なる動作を行うものなどには、大体圧力センサーが使用されています。

また、壊れやすいものなどで、これ以上力がかかると危ないという場合に警報がなったりする場合も、圧力センサーがある一定の数値以上の圧力がかかったという現象を察知し、警報を鳴らすといった動作を行ったという結果になります。

圧力センサーは他のセンサー(光や熱)に比べるとあまり目立ちませんが、様々な用途に使用されております。

特に工場などの機械を使用して製品を生み出す現場では、圧力を利用して製品を作ることが多々あるため、細かい数値を管理するために圧力センサーが非常に多く使用されており、使用用途によって必要な圧力センサーが異なるため、非常に多くの種類の圧力センサーが開発されています。