センサーの役割 | 圧力センサの働きとは!

センサーの役割

そもそもセンサーとは、自然環境や人工物に起こった様々な現象や変化を、物理法則や科学法則を使用して分析し、人間に読み取りやすい情報の信号に変換するための装置のことです。センサーと呼ばれるものの定義は非常に範囲が広く、捉え方は様々なものになりますが、基本的には入力信号を何らかの形で観測可能な信号に置き換えるものを全てセンサーとして置き表すことができます。

センサーは様々な用途で使用されており、私たちの日常にも多く反映されています。日常の生活を便利にするためのものだったり、何らかの製品を生み出すための工程の過程で使用されたり、時には思いがけない場面で使用されていることも多々あります。

元々人間や動物もセンサーと呼ばれるものを搭載しており、視覚、触覚、聴覚といった、いわゆる五感がセンサーの働きをして私たちは生活をしています。これらの五感がもしなくなってしまったら、何も見えず、何も聞こえず、到底通常通りの生活を送ることは不可能となります。ですが実際に目が見えない、耳が聞こえないといった人は存在しており、そういった人のサポートをするために、昨今はセンサーを用いた機械の開発が非常にめまぐるしい発展を遂げています。

圧力センサについて興味がある方はこちらをご確認ください。