圧力センサの役割 | 圧力センサの働きとは!

圧力センサの役割

圧力センサはその名のとおり、圧力がどれくらいかかっているのかを測定し、観測するためのセンサーのことです。もちろん役割としては、圧力のかかる部分に設置し、その圧力の値によって様々な作業および動作を行うことにあります。

圧力というのは時には非常に強い力を持ち、また、非常に繊細な作業が必要となることが多く、そういった時に圧力センサがないと、どういう結果が得られるのかがわからなくてカンに頼るしかなかったり、最悪大きな事故につながる可能性が高くなります。

圧力センサはただ単純に圧力を図るだけではなく、圧力を測った上で適切な値になったら次の作業へと移らせる、などの動作を行うタイプもあります。また、必要以上に圧力が上がってしまった時に、圧力を下げるような動作を行うときのために使用するケースもあります。

その役割は使う用途によって様々となっており、その時々で最適な圧力センサを用いる必要があります。